女性に多い病【更年期障害・月経異常】

中医学には、更年期という言葉はありませんが

「閉経」へいけい、「血枯」けっこ

という言葉で古くから存在しています

女子胞の機能障害

まずは、五臓六腑に属さない

中医学での「女子胞」という存在

女子胞とは、「子宮」のことです

女子胞の主な働きは、月経と妊娠、出産です

・・・いわゆる全てに【血】が関連します

しかし、血を働かせる(巡行)させるには
エネルギーである「気」が必要になってきます

気・血が調和して、血は機能を発揮する。
これが定義です。

※現代では社会環境、精神的ストレス、食事の乱れ等で

様々な原因で、気が血を統率できなくなり
 

結果として・・・

・子宮に血が多くなりすぎれば、月経頻発・過剰な月経量
 月経機関が長くなるなどが起きます

・気の流れで悪く、血が運べない場合には、子宮が冷え
 月経困難や無月経などが生じます

古来から、女性の一生を7の倍数で考えていました

 「人」の体の「変化の頃」を表しています

※あくまで、中国の古い考え方なので参考までに・・・

7歳で社会の一員と認められる時期
14歳で月経が始まる初潮の時期
21歳で子供を産む頃の時期
29歳で成熟期をむかえ
35歳で出産から女性としての体を守へ変わる時期
49歳で月経が止まる閉経の時期、

とされてきました

※ただし中医学が確率されたころから2千年以上経過
していますから、現在は人を取り巻く環境が違い
出産年齢はだいぶ上がっていますが、、、
おおむね合っていますね

閉経は、「腎」気が枯れることにより起きます

そのため、腎=人の体全体の気が不足し
「様々な」症状が起きます

ほかにも、「肝」・「脾」の働きも大きく関わってきます

慢性的な症状は、「気・血・水」の乱れによっておきますが
全身をめぐる気・血・水には相互に補いながら、様々な働きを
調整しています

更年期の頃は、気・血のバランスが崩れ、下腹部の
気滞と悪血によって、起こる神経症状
(現代の言葉で、自律神経失調)とされています

この時期は【気逆】が起きる・・・

頭痛・めまい・どうき・発汗異常・のぼせ・下半身の冷え

・イライラ・憂鬱・睡眠障害など様々

と主に自律神経の失調によるものが多いですね

昔は、自律神経の存在はわかっていませんでしたが

陰・陽、虚・実や

気・血の異常と表現されていましたが、閉経」の頃になると

五臓六腑に元気がなくなり、気・血の乱れや逆流が起きるため

下へ流れるべき気が上へと上ってしまい、

頭や首のに、「血が上った」状態、のぼせや異常な発汗が起きる

よく、ホットフラッシュなどとも言いますね

■ 現代医学の言い方では・・・

卵巣ホルモン(女性ホルモン)の分泌の低下によるもの
ですが、

脳下垂体の性腺刺激ホルモンや副腎皮質刺激ホルモン

これらのホルモンが自律神経を乱すので様々な不定愁訴が
起き、時には精神状態にも影響します

※最近は、こうした更年期障害は男性にもあるとわかってきました
ただ、初潮から妊娠、出産と一生の体の変化は、女性のほうが
多いため、明らかな症状は女性のほうが際立って感じます

血を浄化し気の巡りを良くする

更年期障害では、本人の性格や周囲の環境が大きく影響します

その原因となるのが、飲食の乱れからくる五臓六腑の弱り

や外的なストレス

仕事や趣味などに生きがいを持つ方は、比較的症状が少ない
ように思えます。

気持ちが沈まないように、ありのままの自分でいられる環境
を保てる事も重要です

心配事など何でも話せる友人やくつろげる家庭を大事にし
リラックスして乗り越えましょう

更年期障害にいいとされる食材

この時期を乗り切るためにも、日々の食事は大切です

低脂肪・低エネルギーでバランスの取れた食事

五臓六腑に「余分な仕事」をさせないようにし、

気・血のバランスをとる。

これが一番大事。

更年期は、女性ホルモンのエストロゲンの不足によるもの

大豆に含まれるイソフラボンは、体内で似たような働きを
します

黒豆や小豆も「補腎」となるのでいいですね

調理の際には、栄養が溶け出している汁も使うようにしましょう

カボチャやナッツ類、に多く含まれるビタミンEは、血行をよく
してくれます

さらにおつまみコーナーにある
カボチャの実、松の実、ヒマワリの種など

「実」というものは、そのものが完全な生命体

バランスがよく、精神も安定させイライラも解消
します

 
更年期は、女性ならば誰もが通る時期です

この頃の時期は、身体面だけでなく
ライフサイクルの中で重要な時期

子供の成長、または独り立ち
親の介護や自身の老化や不調

こうした様々なストレスと戦いながら

この時期をうまく乗り越え「次の時代」を

エンジョイしてくださいね(^^♪

トップページへのバナー

関連記事

記事はありませんでした